今年こそ!お月見団子に挑戦

季節の行事、どうしていますか?クリスマス、お正月、お雛様、子どもの日、七夕。せっかく日本に生まれたからには伝統の行事は子どもにも伝えたいですよね。でも、お月見っていつも忘れてしまうのです。夏休みが終わってバタバタしているし、運動会の練習が始まって子どもは疲れ気味だし、敬老の日のプレゼントは気になるし。それに台風シーズンで月もあんまり見えないし。

こんなことではいけないと、お団子の材料を買い揃え、ススキの生えている場所をリサーチしておきました。ススキはお花屋さんで売っていましたが、なんと150円。目を疑いました。子どもにも「今年はお月見しようね」と約束して15日を待ちました。

そして当日。雨が続いてここ数日お月様の姿が見えないのが残念ですが、気持ちだけでもとお団子を作りはじめました。上新粉をぬるま湯で練って、水で捏ねた白玉粉を加えてレンジでチン。蒸し器を出すの面倒なので簡易版にしてしまいました。熱々の生地を手水を打ちながらホッホと捏ねていきます。火傷寸前で息も止まりそうですが、モチモチと美味しそうな団子が出来上がりました。お友達の家から帰ってきた子どもが目を丸くしているので、鼻高々に「お月見団子だよ」と差し出すと、キョトンとした表情で、「ママ、お月見機能だよ。給食でお団子食べたよ」と。どうやら一日勘違いしていたみたい。愕然とする私に子どもが「ママのお団子の方が美味しいよ」と優しい言葉をかけてくれました。